「ティンバーウルフ オーシャンブルー」の原材料/成分の口コミ(2件)

12ティンバーウルフオーシャンブルーl

ティンバーウルフ オーシャンブルー

Icon

メイン食材:ニシン、サーモン

Icon

産地:アメリカ

Icon

種類:ドライ

Icon

原材料・成分: 着色料なし 無添加 グレインフリー

4.5

口コミ 2件

Icon

価格:3,024円/1kg

特徴

ティンバーウルフ・オーシャンブルーは、活性オメガ3(DHA・EPA)含有のフィッシュベースフード。すべてのライフステージの栄養条件を満たします。アレルギー、関節炎、ストレスを持った犬等に最適です。オーシャンブルーの動物性タンパクは「魚」のみ使用です。鶏や牛、豚、ラムなどの動物性タンパクにアレルギーが出てしまうわんこ、また卵アレルギーのわんこにも安心して食べてもらえる内容になっています。1つ1つの種類にこだわりもをって様々なニーズに答えることが出来るのがプラチナムシリーズの特長です。

原材料

ニシン, サーモン, 乾燥サーモン, ヒヨコマメ, 海魚, 乾燥白身魚, サツマイモ, オリーブオイル, サーモンオイル, 乾燥ケルプ, 乾燥出芽酵母, ニシンオイル, 乾燥アルファルファミール, タイム, アニス種子, コロハ, ニンニク, ショウガ, マンゴー, ブルーベリー, クランベリー, ニンジン, 乾燥セロリ, 乾燥パセリ, 乾燥レタス, 乾燥クレソン, 乾燥ホウレン草, レシチン, 塩化コリン, アミノ酸亜鉛複合体, アミノ酸鉄複合体, アミノ酸マンガン複合体, パントテン酸カルシウム, ヨウ化カリウム, 亜セレン酸ナトリウム, ビタミンEサプリメント, ビタミンB12サプリメント, ビタミンAアセテート, ナイアシン(ビタミンB3源), ビタミンD3サプリメント, リボフラビン(ビタミンB2源), 葉酸, 塩酸ピリドキシン(ビタミンB6源), 塩酸チアミン(ビタミンB1源), ビオチン(ビタミンB7源), クエン酸(ビタミンC源), 混合トコフェロール(ビタミンE源と天然保存料), チコリー根(イヌリン), 乾燥ラクトバシラスアシドフィルス菌, 乾燥ラクトバシラスカゼイ菌, 乾燥ラクトバシラス乳酸菌, 乾燥バシラスサブチルス菌, パパイン, ユッカシジゲラ抽出物, βカロチン, フラクトオリゴ糖, タウリン, L-カルニチン, DL-メチオニン, レモンジュース, ローズマリー抽出物

成分

粗たんぱく質:34%以上、粗脂肪:16%以上、粗繊維質:4%以下、粗灰分:7%以下、水分:9%以下

最新の口コミ

ティンバーウルフ オーシャンブルー

4.5 (2件)

Image

ティンバーウルフの配合成分に期待したものの残念な結果に涙…

2017年11月30日

5

ドッグフードジプシーをしていた時期、ふと目に留まったのがティンバーウルフでした。 単純にパッケージの狼が、うちで飼っている虎毛の秋田犬によく似ていたので、かわいさに惹かれて情報を調べると、配合されている成分になかなか他で見かけないニンニクやローズマリーなどハーブが配合されていることがわかりました。 うちの秋田犬はニンニクの香りの食べ物を食べたがるので、これは食いつきがいいかもしれないと思って購入してみることにしました。 粒は小さめで、小型犬の餌を喜んで食べるうちの大型犬にも食べやすいサイズでした。 ただ、予想していたニンニクの香りのフードではなく、その時サーモンを選んだからかもしれませんが、魚臭とローズマリーなどのハーブの臭いがしました。 これは食べないかも…と半分諦めつつ出してみましたが、案の定、うちの犬は臭いを嗅いでベロでペロリとひとなめすると、悲しいかなそれ以上近づくこともしませんでした。 もちろん個体差があるので、あの独特の香りに惹かれるわんちゃんもいると思います。 消火器にも良さそうなフードだったので、残念でした。

Image

病気がちなワンちゃんでも食べれるようになりました

2017年11月18日

4

選んだポイントは特にありませんが、生まれた頃から成人期にかけて身体が弱く、体調を崩す事が多くて、病院ばかりいっていましたので、初めては病院でドックフードを買っていました。 病院で買う量は、たくさんはいってなくて高かったので、成長するにつれ身体も強くなっていって、また食べる量もイッパイ食べるようになっていたので、少しずつ市販で売られているドックフードを試してみました。 初めのウチは、病院で買うドックフードと市販のドックフードと混ぜてあげてたのですが、よく食べるようになっていたし、何の問題もなく食べてくれていたので、市販のドックフードだけに切り替えていきました。 色々試して、何でも食べれるようになったので、今のドックフードにしています。